ゲーム版青対赤

「・・・」

モンスターボールを握りしめお互い睨み合う

色々と肌がピリピリする

相手が強いのは百の承知


でも、不思議だなー
あんなにずっと一緒だったのに
こんな結末になって
それよりも・・・


「シロガネ山の亡霊が気になって、登ったら まさかのあんただったなんて あたしかなーりガッカリしてるんだけど?」

いい加減その無口なんとかしないかなー


「下山するしないはあんな次第だけど、 そんなことよりもバトルしよ」



ニヤリと口元が笑ったかのように見えたけど
それはお互い


緑(幼なじみ)が最強のジムリーダ
赤(目の前の従兄弟)が最強の元チャンピオン


でも青(私)は

あんたらを上回る最強のトレーナーよ!!



「「いけ!!!!」」



いつまでも可愛いあたしのままだと
思うなっつーの